注文住宅を建てる時に必要なこと!夢を実現させるには

コストダウンの秘訣

建物をシンプルに

模型を持つ人

川崎で注文住宅を建てる際、建築コストを決める要因は、材料費、設備費、人件費の3つです。
これらのどこで節約を図れるかを考えると、品質を落とさずに無駄を省いて効果的な工事をしてもらうのが最も上手な節約法です。
そのためには、部材を上手に使えるような注文住宅の設計、追加工事が発生しないよう段取りなど、プランニング期間中、川崎の業者とのコミュニケーションが大事になります。
そして工事が始まったらできるだけ川崎の現場へマメに出かけ、注文したことに漏れがないかに目を光らせます。
ちょっとの連絡ミスで違う工事が進んでしまうと、変更工事で無駄な費用が発生するからです。
工事期間中にグレードアップのための変更が必要になった場合は、できるだけ追加見積もりを取って、他の部分の費用との調整を図ります。
注文住宅の費用を抑える第一のポイントは、部材の量を減らして無駄を少なくすることです。
その点、建物の形が複雑になると、部材を余分に使うことになります。
例えば、複雑に入り組んだ家は、単純な四角形の家と比べると同じ床面積でも外周部分の面積が増え、サイディング材などを余分に使うことになります。
場合によっては柱などの構造材も多く必要になってしまうでしょう。
屋根も1階と2階が大きく重なる部分が増えたり、勾配が急になったりすると、それだけ材料を多く使います。
端の処理などに手間が多くかかるので、コストアップにつながります。
そう考えると川崎の注文住宅は、総2階が材料を効率よく使うコスト削減の理想型ということになります。

暮らしやすいことから人気

家族

デザイン住宅とは、建築デザイナーが設計した戸建て住宅です。
一般的な戸建て住宅は、規格やパターンに沿って建てられるため、外観も間取りも、ある程度似通ったものとなります。
それと比較するとデザイン住宅の場合、外観にも間取りにも個性があります。
たとえば和洋折衷の外観となっていたり、リビングに階段があり、階上とのスムーズな行き来が可能となっていたりするのです。
しかもデザイン住宅には、機能性が高いというメリットもあります。
建築デザイナーは、見た目だけでなく使い勝手も十分に考慮して設計します。
もちろん土地の形状や、周辺環境なども考慮するので、デザイン住宅は必然的に、暮らしやすい住宅となります。
たとえば土地が細長い場合には、それによって部屋が狭くならないように、デッドスペースを極力少なくします。
周辺に高い建物が多い場合には、効率の良い採光のために、開口部を広くしたり天窓を設置したりするのです。
さらに、地域の気候似合うように設計されているデザイン住宅も多くあります。
乾燥しがちな地域では、気密性の高い構造にしてあったり、降雪量の多い地域では、雪が多く降り積もらないように屋根が鋭角になっていたりします。
こういった工夫が随所に凝らされているため、デザイン住宅の価格は一般的な戸建て住宅よりも高めです。
具体的には、土地代を含まない建物部分の価格の相場が、約2000万円となっているのです。
しかしその分暮らしやすく、ハイセンスな見た目から注目も集まりやすいので、多くの人がデザイン住宅をマイホームに選んでいます。

デザイン性が高いです

模型

デザイン住宅とは、一般的な注文住宅とは異なって、施主の希望に沿ったデザイン性の高い住宅のことです。
施主が希望する内容を汲み取りながら建築家が家を設計していきます。
ただし、デザイン性ばかりを重視すると住みにくくなる場合もありますので、実際には施主の希望だけを取り入れるのではなく、住みやすさとの兼ね合いも考慮しながら建築家はデザインしていきます。
そうはいってもデザイン住宅は注文住宅よりもデザイン性が高いので個性的な家をつくりたいという人には打ってつけの住宅です。
デザイン住宅の需要は近年とても高まっています。
その理由は自分の理想どおりの家を建てることができるからです。
たとえば、家の中で観葉植物を飼っている家庭では、吹き抜けのある家にしたり太陽光が部屋全体に照らされるように設計して、ライフスタイルに合った理想の家を手にすることができます。
また、無駄なコストを省くことができるのも理由の1つとして挙げられるでしょう。
通常の注文住宅では不要なものを取り除くことができませんが、デザイン住宅だと、こちらが必要なものだけを取り入れることができますし、資材も安価なものにしてコストをカットできます。
このように融通が効くこともデザイン住宅のメリットです。
ただし、設計から実際に施行が開始するまでには時間がかかります。
齟齬がないように建築家と何回も打ち合わせをする必要がありますので、そのあたりはあらかじめ覚悟しておきましょう。